もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です

2016年05月

5月30日
病院終わりでこちらに〜



















到着したのが12時を少し過ぎたくらいで、外の並びはありませんでしたが店内はほぼ満席。
ちょうど昼時なので通りも人が行き交っていて、のんびりと食べたかったので周りをタラタラと散歩と決め込みました(^O^)
医者に「体重を落としましょう。歩きましょう」と言われたというのもありますし(^_^;)

んでもって13時過ぎに店前に帰ってみるとカウンター席に3人で奥のテーブル席に2人でしたので13時25分に入店。



















購入したのは大二郎。50円値上げの950円でした(^O^)

紙の食券をカウンターに置きながら「5玉で」と言うと一瞬奥の人(おそらく助手さん)に「大丈夫?」と確認をしたけど「は〜い」と通りました(^O^)
それと同時にトッピングを聞かれて「ヤサイニンニクアブラ」を頼みました。
一応その後に麺量を聞くと1玉は約250gだそうです。



















こんな写真を撮ったりしていると



















13時36分に着ド〜〜ン
ここって自動レンゲなのね  先にカウンターからレンゲを取ったので、レンゲWになっちゃった(^_^;)



















サイドアングルもド〜〜ン

でもって野菜をプレーンでムシャリ。
……  ちょい臭い
漂白剤のかほりが…… 



















すぐに天地返しをします。

それから麺をひと啜り……
んんん〜〜……

茹で不足???
コシがあるとか野猿のようなプリパツではなく、単に茹でが足りない固さ……

この状態を簡単に表現すれば、家でスパゲティーを食べようとして麺を茹でる際に横着をして鍋ではなくフライパンでお湯を沸騰させて、それで茹でたら茹で湯が少ないが為に麺の表面がベタベタしていて妙に粉っぽい状態。
分かります?

そして味がしない。
また丼の底からかき混ぜるように更に天地返し。
すると少しカエシの味がしますが絶望的に味が薄い(^_^;) 僕が薄いと感じるのですから相当薄いかと。
これは人によっては「お湯」と表現するレベルかと。
しかもスープの色はド乳化の黄金色。
しかし豚の出汁感やコクを感じられない。



















豚を引っ張り出してみると伴は大きくはありませんが、そこそこな厚さで食べてみると肉感が満載でサクサクという食感で僕の好きなものでした(^O^)

気をとり直して麺を……  と思いましたが、このままでは正直キツいので卓上のブラックペッパーと醤油をシッカリめに振りかけていただきます。

途中途中で豚をつまみながら食べ進めますが、最初は腹が減っていたのでいいのですが中盤からは正直キツくなりながらも、なんとかかんとか



















13時50分に完食。

う〜ん  完食の写真を見てもスープの色はシッカリついていますが、味がしない(^_^;)

これはまだまだ1回しか食べていないので単なるブレ?

まぁ好きで通っている方々もいるのでしょうが僕はもうごめんなさいです(^_^;)


ではでは


更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月26日
前日は「明日は野猿に行こう」と思っていましたが、twitterにて


























このようなツイートがあり1番下段の左、赤(辛いの)の隣に「黒」という150円のメニューが。

やはり気になってしまい寝る間際まで野猿に行こうか小金井に行こうかと迷いましたが、やはり限定の誘惑には勝てずに小金井に行こうと決めました(^O^)

明けて今日。麺友さんからメッセージがあり、ご一緒することに(^O^)



















16時ちょうどくらいにお店に着くと並びは無しでした。
建物のぐるりを覆うように足場が組まれていました。外装工事をするのでしょうか?
陽射しがまだ強く、近くに日陰がないのでこれはキツイな〜と思いつつ麺友さんと二郎話や犬の話をしていると、歩いて近づいてくる方がこちらに頭を下げています。
僕が本当ならメガネを掛けなきゃいけないくらい眼が悪いので、頭を下げながら誰だろう? と思っていましたが、近くに来てやっと気合だぁさんだと分かりました(^O^)
するとだぁさんは「ひとっ風呂浴びてきます」と来た五日市街道とは反対方向へ。
そういえばすぐ近くに「ぬくい湯」というスーパー銭湯があったな〜と(^O^)
おそらく長距離を歩いてきて、かいた汗を流しに行ったのかな?

するとすぐに店の横から店主さんが。
ご挨拶をしていると今度は学芸大方向からシドさんが歩いてきました(^O^)
それからはしばらく麺友さんシドさんを交えて二郎話を。お付き合いいただきありがとうございます(^O^)
その後さっぱりしただぁさんが帰ってきて行列に接続します

やはり話をしていると時が経つのは早いものでほとんど定時にシャッターが開きます(^O^)
本当に久々の小金井です  しかも髭助手さんが野猿から小金井に来てから初めての訪問です(^O^)

購入したのは、大豚ラーメン(1030円)+黒(150円)+麺増し(募金)

麺増しを申請すると麺増しは熊本募金に入れてくださいとのことて、熊本募金にチャリン

水を汲んで2番目の席に座ってしばし厨房内を眺めます

だぁさんのところにビールが来て、ひとっ風呂の後の一杯は格別そうで軽くビールを欲しました(^_^;)
が、今の僕が酒も煽ると洒落になりませんね(^_^;) 
とにかく僕は普段は一切酒は飲みませんが、暑い日に一杯だけグビッと飲みたくなります(^_^;)

そして麺固めからトッピング伺いが始まり、ラーメンが提供されていきます(^O^)

僕はいつもの「ヤサイニンニク」で、アブラコールは一瞬迷いましたがやめておきました(^_^;)
そして17時15分に



















着ド〜〜ン



















横からド〜〜ン



















シドさんとのツーショット(^O^)

豚は巻き豚で見ただけで美味しいの確定のようなそそるビジュアル(^O^)
食べるとその期待を裏切らない柔らかジューシーで味の入りも程よく最高です



















刻みニンニクと刻みしょうがのハーフ&ハーフにしていただきます(^O^)
赤身勝ちでシッカリしていそうな見た目ですが、程よい食感と程よいジューシーさが同居していて絶妙です(^O^)



















スープのズームを撮り忘れたのですが、プカプカと黒い粒々が浮かんでいます(^O^) とにかくプレーンの野菜を食べている時点でこの焦がしニンニクのいわゆる麻油が上品に香ります(^O^)

そして平打ちでちょいウェーブの麺を啜ると香ばしさがブワ〜〜ンと

僕はバカ舌で分かりませんでしたが、麻油にはプラスアルファで何かが入っているようで、重厚さを感じました(^O^)

いつもの生たまごのすき焼き風をできないので熱々フハフハの麺と格闘しながらも、大汗をかきながら



















17時27分に完食(^O^)

いやぁ〜小金井ブラックを堪能させていただきました(^O^)

髭さんに「また来ますね」と言ってお店を後にしました(^O^)

ん〜〜。前評判は聞いていましたが前回の小金井からは断然美味しくなっていると思いました(^O^) 特に豚が大満足の美味さでした(^O^)

ご一緒した気合だぁさん、シドさん。
またご一緒できればと思います

ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

5月23日
高架下の耐震工事で休業をする西台駅前店に行ってきました(^O^)
次はいつ行けるのか分からないので、行けるうちに行こうと思いいざ出撃です。




















16時40分を少し過ぎて着店。
並びは1人ですぐに来た方2人に順番を譲り4番目に接続(^O^)
順番を譲った方に怪訝な顔をされましたが先に僕が「この体なので角に……」と言うと「あ〜ね〜」と得心のいった苦笑いをされました(^_^;)
そうさっ  これはデブにしか分からないのさっ
って西台の店内スペースは座席の後ろに余裕があるので、まぁ別にどこでもいいっちゃいいのですが、気持ちの問題です(^_^;)



















定時より15分ほど前倒しでの開店です。
今日は生玉子は現金ではなく食券になっていました(^O^)

そして食券を高台に出して「麺増し」をお願いすると、若干食い気味に「は〜い」とのお答え(^O^)
一時閉店までに麺増しを食べたいな〜と思っていたので心の中で「ヨシッ 」とガッツポーズを(^O^)

そうこうして厨房を眺めていると麺上げが進み、店主さんからのトッピング伺いに「ヤサイニンニク」を頼んで



















17時32分、別丼にて着ド〜〜ン

野菜の崩壊を気にしなくていいので別丼はありがたいです(^O^)



















麺ド〜〜ン けっこうな透明脂の層です。



















野菜&豚ド〜〜ン

お客さんも心得た方ばかりで淀みのない配膳で、心なしか店主さんもご機嫌がいいように感じました

まずはスープに浸かっていない麺をプレーンでいただいてみます(^O^)
もちろん野猿のようなプリパツ麺とは一線を画しますが、西台麺もしっかりと小麦が香ってグ〜〜  でした(^O^)

それから麺を天地返ししてスープに使っていた部分の麺を啜ります(^O^)
うんうん
若干塩味が薄い感じですが僕には大丈夫な濃さです(^O^)
おそらく二郎常連の先達の方々には少々薄いかもしれません(^_^;)

そして3割ほど啜ってからはすき焼き風でいただきます(^O^)
今日の生玉子は完全に荻窪店同様、麺を冷ます役割です(^O^)



















豚は上がウデ肉で下がバラ肉。
まずはバラ肉を頬張ると赤身と脂身の層が実にいい食感で美味しいです(^O^)
ウデ肉をひとかじりするとほんの気持ちジューシーさが欲しいので、残りの豚は全てスープにつけ込みます(^O^)

それから残り2割くらいまで麺を食べ進めてから残りの野菜を麺丼に入れちゃいます(^O^)
それから豚と麺と野菜を交互に食べると
なまらうんめぇ〜〜べさ〜〜



















そして僕にしては珍しく卓上調味料をパラパラと(^O^) これは粗みじんの鷹の爪ですね(^O^)  適度なピリ感で箸が進みます















そうこうしているうちに17時43分。スープを残った半分だけ飲んでごちそうさまでした(^O^)

「美味しかったです」と言いながら席を立つと店主さんが「また来てくださ〜い」とのお声がけ(^O^)

もう少しで一時閉店になるのは実にもったいないですね。聞くところによると同じ板橋区内で物件探しをしているようなので1日でも早く見つかることを願います(^O^)

ではでは



更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

このページのトップヘ