もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店3周制覇。4週目巡回中。

2016年02月

2月24日

今日は犬関係のお知り合いからお電話があり予定していませんでしたが、急遽 荻窪店へ。

17日の荻窪店以来ですのでちょうど1週間ぶりの二郎です。

年末年始に今年は週1を守るとの目標(?)をたてたのですが実際に週1となると、なんだか物凄く期間が開いているような気がします(^_^;)

ということで13時30分の待ち合わせでしたが、安定の30分前到着。



















店前には並びはありません。



















この写真を撮りながら中をチラ見すると、2席ほど空きがあるようです。



















アルバイトはまだ募集中のようです。

と、この写真を撮った後、紛らわしいのでお店から離れたところで知り合いを待っていたら、女性がこのアルバイト募集の張り紙をジ〜ッと見ていて、それから信号を渡り通りの反対側からお店をしばらく見ていたので、アルバイト希望なのかな?  と思っていたらしばらくしたらいなくなっていました。

そうこうしているうちに待ち合わせの方が到着。
食券を購入するのに店内に入るとちょうど席が2つ空いていて、即着席。



















今日はオレンジ店主さんと女性助手さんの2人体制。

大豚(950円)  

今日は寒くて、ここのスープは塩っぱくないので生玉子(ここの食券では玉子)は無しで。

離れて着席してから暫くすると知り合いの隣の席が空き、どうなんだろう? と思いながら店主さんを見ると、アイコンタクトだけで「どうぞ〜」と席移動を促してくれました(^_^;)  お気遣いありがとうございます

出来上がりを待っていると後から来た方が「麺増しできますか?」の問いに「やっていませ〜ん」と店主さん。

この先、麺増しはやらないのでしょうか?
僕的にはここの盛りはシッカリ目なので、それほどこだわりはないですね(^_^;)

ほどなくして助手さんからトッピング伺いが。

いつもの「ニンニクヤサイで」とお願いして



















着丼



















横からもド〜ン

ここのお店の盛りは綺麗ですよね



















知り合いのラーメンもパシャリ

まずは野菜にミックスコショウをかけて3口ほどムシャリ。今日は前回よりもシャキッとしていました。



















豚は赤身と脂身のバランスが良く、フワトロではありませんがサクサクと十分に柔らかく、味もしっかりと留まっていて美味しかったです。



















麺はいつもよりなんとなく細いような気がしました。あくまでも気がしただけで実際は変わっていないのかな?
しかし茹で加減はいつもよりも固めに茹でられていて若干コシのある感じでした。

スープは安定の乳化されたものですが、いつもの独特の香ばしさ(少し別方向に転べば臭いという感じになるかも)は今日は抑え気味に感じられました。

やはり今日もゴクゴクいけるような飲みやすいシッカリ乳化とライト感が同居したような、美味しい仕上がりでした

そして荻窪店の麺とスープは今日も熱々で、汗をかきかき食べ進めます



















知り合いの方があと少しのところで定量が来て箸が止まっていて、豚を引き受けてムシャムシャムシャ。
でもってやはり完飲は自主規制で(^_^;)

ごちそうさまでした〜


今日待ち合わせをした方は、ペットのアパレルグッズ関連の社長さんで、食べ終わった後はファミレスにて犬談義に花を咲かせました

僕はドッグショーの世界にいたのですが、最近は若干浦島太郎的な感じになってきているので、最新の情報は嬉しいですね

昔話をしていると記憶の底でホコリを被っていたことを思い出したりして

今日は話題はドッグトレーニングの話や、レスキュー団体の話などなど。

今日の話で「そうだよね〜」と頷き合ったのは「動物愛護団体のバリバリの熱量の人たちって端で見ていると新興宗教信者みたいで少々キモいよね〜」と(^_^;)

僕はけっこうな無宗教・無神仏論者ですので、あの方たちを見ているとなんだか宗教臭を感じで、僕はごめんなさいです(^_^;)
などなどと楽しいひとときを過ごしました

ではでは






 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


                                                        ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

2月17日

祝 リニュ開店1か月〜

ということでラーメン二郎 荻窪店に行ってきました

振り返って調べてみたら、先月の25日以来の来店です。
僕としてはそんな開いていたのか〜という感じです。

ということで店到着が10時50分で、ファーストロットくらいかな?と思っていたら並びはいませんでした。
全くこだわらないのですがPPでした。

思い返せば去年のクリスマスの野猿以来のPPでした。
というより他にも1番乗りをしていますが、勝手が分からなかったので後続の方に譲ったりしていました(^_^;)



















手持ち無沙汰なのでこんなのを写したり



















こんなのも写してみたり



















終いにはこんなのも写したりして時間潰し
そして11時10分くらいからポツリポツリと並びが増えて、ほとんど定時の開店時には並びは大まかですが15人くらいになっていました。



















そしてポチッとしたのは



















大豚(950円)+玉子(50円)  (表示通り)

待っていると順番を飛ばされてロット最後でしたので、他の方の麺を上げてから最後に釜に残った麺を入れるパターンのようです



















まずは女性助手さんから玉子を



















と、割り箸からエコ箸にチェンジしていて見てみると先端に滑り止めの螺旋の溝が。
そうこうしていたらトッピングを聞かれて「ニンニクヤサイで」と頼みました。

何回か言っていますが、ここでおひとつ。

僕は別に野菜が嫌いではないのですが、丼からカウンターに落ちるのがどうも好きになれません。
かと言って落ちたからと食べずにいるのも貧乏性の僕の主義としてもったいなくてできません。
なので野菜はよほど何かがない限りマシにはしません。過去の記憶では僕がヤサイマシをしたのは、野猿で調子こいての1回と新小金井で豚切れで反射的に1回の計2回です。



















な〜んて生産性の無い事を考えていると11時38分に着丼。



















横からもド〜ン
もうこの時点でアツアツなのは一目瞭然です
豚も野猿を彷彿させる脂身付きのものと、赤身の部分の混合で期待は高まるばかり



















(ピンボケで分かりづらいですが)
まずは野菜に白黒ブレンドのコショウを振ってふた口。今日の野菜はややクタ寄りでヒバリに近いかも

それからいつものルーティーンで玉子を溶いた器に豚を引っ越して、ついでにニンニクをレンゲで掬って避難させます



















それから天地返し。湯気が堪りません



















戻した豚に少しずつニンニクを乗っけながら食べます(^O^)
豚が柔らかい
出汁も留まっていてジューシーです

麺は細めというか幅は二郎標準のようですが若干薄めで、パツではありませんがプリッとしていて箸が進みそうなのですが  とにかくアツアツです
そしてロットの最後に麺上げしていたので、僕の体感では若干麺が多めに感じました

スープは過去のものと同じように黄金色の乳化したものです。
カエシの効き具合は薄めでライトな印象。二郎標準がお好きな方はカラメ必須なのでしょうか?
しょっぱいのが苦手な僕にはちょうどいい感じです。

しかしここのスープはほのかに香ばしいんですよね〜。
これは何で出しているのか?
ちなみに相撲部屋のちゃんこの場合、たとえば塩ちゃんこの場合は豚足を入れて香り付けをしたりします。
荻窪店のがそうだとは言いませんが、ただ単に焦がしたものとは違うような感じがします。
正解は何なのでしょうね〜
って何だ何だ? と考えているのが楽しかったりします

そしてアツアツ麺と格闘しながら何とか食べ終わりました



















今日も完飲は自主規制で

「馬鹿舌」なのでKKしてもいいのですが、命根性が汚いものでwww

「どうもごちそうさまでした〜」と今日も爽やかさを意識して(見てくれが薄気味悪いもんでw)お店を後にしました

ちなみに来月の営業予定も




















で、来る時は南口側から来たので



















帰りはグルリとまわって天沼陸橋側から帰ります。

徒歩で来られるのは楽ですね〜

僕は荻窪店はまだまだ完成形ではないような気がしているので、これからが楽しみです

ではでは

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


                                                        ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

2月12日

今週は月曜日あたりからジワジワと腰の状態が悪くなり、翌火曜日にはマトモに立つのもキツい状態に

そして翌水曜日にはtwitterにて「ぎっくり腰なう」とつぶやいたのですが、よくよく考えると「よいしょ」と何かを持ち上げる際にグキッとなった   のであれば「ぎっくり腰」でしょうが、今回の僕の場合はジワジワなので「ぎっくり腰」ではなく普通に腰椎ヘルニアなのでしょうね。

そして昨日の昼くらいから状態が良くなり、今朝起きて布団の中で両膝を曲げたりその膝を左右に倒したりしても痛みは無し。
それからゆっくりと立ち上がってトイレに行く間も痛みは無し。
「これは 」と思い野猿に行こう と決めました

それからシャワーを浴びる際にわずかにズキンとしましたが、それほどの痛みではないので、騙し騙し行けば問題無しかな? という感じで家を出ました。



















いつもよりのんびり目の10時37分に京王堀之内駅に到着。

それからも探るようにソロ〜リソロリと16分かけて10時53分にお店に到着。
まずは店内に入り店主さん助手さんにご挨拶をしてから食券を購入。

それから外に出てから並びの人数を数えます。
並びは16人で17番目に接続。

この順番ですとカウンターの一番最後の場所ですね。



















それから入り口看板をパシャリ。

そして定時になり開店。
相変わらず食券の先買いをしない人が多いので、入り口は渋滞してすんなり入れません

ですが券売機前にできた行列を縫って中に入り、棚に荷物を置いて僕の前に並んでいた人が食券を購入するのをとりあえず待ちます。


でもこれも後からよ~く考えると、たとえば仙川店などですと基本は食券先買いですが野猿のように開店前の食券先買いは許されていないので、開店時の券売機前の渋滞は他店では普通の光景なのでしょうね。

それから気を取り直して水を汲みレンゲを持ってカウンターの一番最後、一番手前側の右手の席に座ります。

大ブタラーメン(980円)+生たまごW(100円)+麺増し(麺量おまかせ)+辛い奴

コールは「お願いします」

2ロット目の1番最後に



















11時18分に着丼



















横からもド〜〜ン

いつものルーティーン通り溶いた生たまごの器に豚を一時避難。
その際に脂身がホロリと取れるので、厚めの脂身は肉からはがして、箸でグズグズにしてスープに返してセルフアブラマシに   それから天地返しをして



















生たまごにくぐらせた豚を戻します
今日は脂身をはがした豚は4枚で、あとは赤身勝ちなお豚様でした

どんなものかと一枚にかぶりつくと……
やはり野猿の豚は柔らかい
しかもはじめっから赤身だけの部分は、フワトロとサクサクを足して2で割った食感でこれが赤身の最高峰の出来ではないでしょうか

そして麺をまずは生たまごに付けないでひと啜り。
美味い
いつもながらの小麦香るプリパツ麺  それに辛い奴が混ざった野猿スープを引き連れているので、やはり今日も間違いなしです

それからはすき焼き風でズルズルズバズバ。

食べ進めながらニンニクを少しづつスープに溶かしていきつつ、豚にも乗っけながら食べ進めます。
いつものことですが、この野猿豚をオンザライスで食べてみた〜い

と美味い美味いと食べ進め、今日もけっこう早目に完食。



















やはり完飲は自主規制で

今日も爽やかに「ごちそうさまでした〜」と言い残しお店を後にしました。

やっぱり野猿が好きだな〜

と思いつつも前回の藤沢店の味も中毒性を感じています  (それほど期間を空けずに行くと思います)

そんな事を考えながら歩いていると、いつしか腰の痛みがほとんど無くなっていました
やはり慎重にでも歩くのがいいのですかね?

ではでは

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


                                                        ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

このページのトップヘ