もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です。 現在、通常営業中のラーメン二郎全店2周制覇。3週目巡回中。

2016年01月

先ほど「ラーメン二郎 八王子野猿街道店2」さんよりメルマガが届きました。

【以下メルマガ】

おはようございます(^o^)/

本日23(土)は告知通り11~17時位(麺切れ終了)の通し営業です。夜の部はありません。お間違いのないようにお願いします。

また、30(土)も11~17時位(麺切れ終了)の通し営業とさせていただきます。

合わせてよろしくお願いしますm(_ _)m


【以上メルマガ終わり】


普通でしたらこの文面で「そうだ  野猿に行こう 」となるパターンなのですが、今日はとうとう入院の日。

入院といってもデブの職業病である睡眠時無呼吸症の検査入院ですので、1泊寝てくるだけで別に食事制限をされている訳でもないのですが、さすがに病室にニンニク臭をふりまいてもなぁ〜とまたまた気にしい炸裂したりして

ということで各サイトの二郎レポートを「いいな〜いいな〜」と指をくわえながら病院に行ってまいりやす
IMG_0409
こんなのとか
IMG_0670



























こんなのを想像しながら


ではでは

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


                                                        ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

1月20日

シャッターで野猿のすり鉢をいただきまして、大満足で帰途につきます。



















空は濃〜い青です。
そして京王線に乗り帰ります。
千歳烏山駅で電車を降りて歩いて3分ほど離れたバス停から荻窪駅に向かいます。



















13時15分頃に荻窪駅南口バス停に降り立ちます。
ちなみにこちらの商店街に入ってすぐのところにFacebookのラーメン二郎愛好会(RJS/Ramen Jiro Society)のメンバーでもある大塚先生が代表を務めるブラジリアン柔術アカデミー「Physical Space」(フィジカル・スペース)があります。
大塚先生からは「うちの道場の練習を見に来てください」との温かいお言葉をいただいているのですが、間違っても柔術着持参で行っちゃうと右膝が完全に使えませんし思いっきり運動不足で身体が動かないのでフルボッコにされるのは確定ですので、お邪魔する際には手ぶらで行かせていただきます(^_^;)

それでもって家に帰ろうと荻窪駅の南口から北口に駅の地下をくぐったところで、いけない病気が
なぜか荻窪店のラーメンを食べたくなってしまって踵を返してしまいました  
やっちまった
駅の南口に引き返し、日曜日と同じ道をドボドボと。

また来てしまった… @スネークマンショー(若い世代にはもうわからないのでしょうね )



















13時36分にお店に着いて並びは8人で9番目に接続。

並びの先頭から5人以内になったら食券を購入してまた列に戻ります。
厨房内では次のロット次のロットと調理が進んでいきますので、並びの前になって厨房内のスタッフを見ていると麺量だけを聞かれます。(大ラーメンなのか小ラーメンなのか)
その際に先に食券を買っていれば、食券のプラスチック札を店員さんに見せればOKです。まだ買っていなければ「大で」「小で」と言えばいいのですが、やはり前の人を倣って早めに食券を購入しておいた方が無難ですね。
前の方が食券を買って列に戻ってから、ラーメンを食べ終わった方が店から出て来たタイミングで自分が食券を買いに行くというやり方でOKだと思います。(それが正式なルールなのか分からないのですが違っていたらご指摘ください)

13時50分に入店。
僕はバカの大足ですので   大豚を購入。
またオープン時には無かった生たまご(50円)のメニューがあり、迷わず購入しました。

大豚ラーメン(950円)+生たまご(50円)
コールは「ヤサイニンニク」で。

今日は店主さん(今日もオレンジを着ていました)と、三田本店と関内を兼務している助手さん、ひばりの女性の助手さんの3名でした。
そして改めて席数を数えたのですが、ここはL時型のカウンターで5人5人が座れるのかなと思っていましたが、表の通りに平行な面は5人ですが、通りから見て直角の面は6人が座っていました。



















先に生たまごが。器は桜台と同じようでした。



















13時55分着丼



















横からもド〜〜ン

今日もシッカリ乳化なアツアツのスープで、微かな香ばしさを感じるウマウマなものでした。
麺は幅の割には薄めで柔らかく微妙に縮れている長いもので、先ほど食べた野猿のものとは真逆なものですが、僕はこれはこれで好きですね

そして肝心の豚ですが、今日も赤身の多いものでしたが柔らかい
フレーク状の部分もありましたが、こちらも柔らかく味が染みているもので、オープン時のリベンジができた気がしました

ですが

さすがに野猿のすり鉢を食べた足でのハシゴですので、あと3口というところでゴクンとしてからなかなか胃に下りていかなくなり一瞬「ヤバイ…」と思いましたが、水を飲み飲み何とか完食しました
若い時と同じ感覚でいったら後で後悔しますね(^_^;)
学習能力が高くはないですが、今後は慎みます
その後の食べ終わりの写真を撮り忘れてしまって何分かかったのかは分かりませんが、おそらく15分くらいかかったかと思います

先ほどの野猿のすり鉢は12分でしたので、けっこうヤバかったようです

食べ終わって丼を高台上げて「ごちそうさまでした」と言うのと同時に「遅くなりましたが開店おめでとうございます」とオープン時に言うべきだったご挨拶をしてからお店を後にしました。
腹パンで苦しいのですが、言い忘れていた言葉が言えて何だかスッキリした気持ちで今度こそ本当に帰途につきました。

ではでは

と思いましたが開店の時のレアな写真を。
これはtwitterでフォローし合っている方の撮影したものですが、ご本人から掲載OKの承諾をいただいたので。
三田本店の総帥(親父っさん)の一コマです。
この時は僕はおそらく開店して、もう店内に入るか入らないかのタイミングの時だと思います。










































これはレアかと

僕の勝手な想像というか妄想ですが、親父っさんはお店を見ているというより、店員さんの器を見ているのでは? と勝手に思いました。

それでは本当に、ではでは

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


                                                        ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

1月20日

本当は予定としては明日行くつもりだったのですが、各ブログやFacebook、twitterなどのレポートの影響で、朝起きた時に「よし 二郎に行こう」となりました(^_^;)



















降り立ったのはこの駅。あまりの逆光で薄暗い写真になりました
そして寒くて雪が残っていますがピーカンの空のもとをのんびりとラーメン二郎 八王子野猿街道店2への道のりをテクテクと。



















10時45分にお店に着きました。
並びは5人で6番目に接続。
食券を先に買うために店内に入り店主さんおよびスタッフさんにご挨拶を。
店主さんからは「荻窪店の並び、寒そうだったね」とのお言葉を



















福袋のプチ二郎に300円付け足しで大ブタラーメンに昇格させて+生たまごW(100円)を購入。

11時を気持ち過ぎた時に開店。
開店時には並びは19人。
水を汲みレンゲと紙ナフキンを持って着席。食券モギリ時に大ブタラーメン昇格と辛い奴(無料)、麺増しを注文。
コールは「お願いします」で。



















11時12分に着丼



















横からもド〜〜ン
@(アットマーク)豚の存在感がお見事です(^O^)
いつも通り生たまごの器に豚を移し、空いたスペースから天地返し。それからまた豚を戻します。この時が僕の中でのテンションが最高潮に達している瞬間です(^O^)



















それからはひたすら麺を生たまごにつけてすき焼き風でズルズルズル。
この中幅・中太で小麦の詰まったパツパツ麺が、野猿グレードの黄金+辛い奴スープをまとって堪りません
豚もいつものトロフワで伴の大きさ厚さも申し分ありません
またまた一心不乱に食べてしまいました   
今日も安定のうま過ぎでした(^O^)



















今日もなんとか半分だけスープを飲んでから、自分の年を考えて泣く泣く完飲はしませんでした^^;「ごちそうさまでした」(12分後)



















麺増し儀式を済ませてからお店を出ます。
今日も大満足の一杯をありがとうございました

タイトルの通り続きがあるのですが、それは次の更新で。

ではでは






 

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


                                                        ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

このページのトップヘ