もるせがの fun to ラーメン二郎!

アラフォーになってはじめて二郎にハマってしまったオッサンの日記です

2015年11月

9月12日

今日は朝から急用という名の二度寝をしてしまい(^_^;) 開店並びができませんでした。
 でもってどうしようかなと迷って迷って結局、初小金井に行くことにしました。
 
yjimageDOG1UT4Y
18時ごろに店に着くと行列無しでカウンター席も3席ほど空きがありました。
 着席して5分もしないうちに店内待ちが一気に5人ほどになったので、またまたナイスタイミングだったようです。

「豚切れ」でしたので行くまでは小豚にしようと思って向かいましたが注文は迷わず大ラーメンに。
プラス試したいと思っていたショウガを。

しかし開店1時間程度で豚切れになるものなんだろうか?

 
厨房には「ラーメン大好き小泉さん」に出演していた店主さんはいませんでした。



sinkoganei


それほど待たずして着丼。

やはり野菜はしっかりマウンテン


残念ながら豚は増しではないのでボリューム感がやはり寂しい
また食感はトロホロではなかったのですが、スープに沈めて最後に食べたのでなんとかセーフということで(^_^;)
ここも麺やスープなど総合的にキリッとした旨さがあり、また行きたいと思いました。
ただ昼の部営業をしてくれたなら、僕の住んでいるところからは一番通いやすいのですが……


ごっちゃんでした。



ではでは


 
ポチッとお願いします
                                        
                                                        ラーメン ブログランキングへ
 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村


9月10日

11時20分頃に野猿二郎に到着。


yjimageFHKBHP6J












正直、出がけにザーっと強めな雨がまた降ってきて「明日にしようかな」とチキンな僕が出たのですが、天気が良くなれば行列も長くなるという皮算用がありました
外に並び無しで店内に入るとカウンターに3席空きあり。
雨の日の平日はやはりこんな感じなのかな?

食券を買い席に着いてしばらくするとゾロゾロと来客ありで、すぐに中待ちのイスが埋まり行列が。

どうやらベストタイミングだったようです。
まぁ並ばないのに越したことはないと



先月の初野猿はシークヮーサーつけ麺を食べて、初めて行った時は普通のメニューを… というセオリーを完全無視してしまったので、やはり後ろ髪を引かれていましたので 


 大豚ラーメン+きざみたまねぎたまご。
 
カウンターに座り厨房内を眺めていると店主さんが1つだけ他とは違う黒い丼を並べています。
あれは何?

それから手際よく麺上げ・盛り付けをして「大豚の方~」とのトッピング確認。
コールはニンニクアブラと様子を伺いつつ大人しめに。
やはりいくら元相撲取りでも自然と食は細くなっているので、撃沈だけは避けたいので徐々にということで。
僕は今でもそうですが、とにかく 1.撃沈。 2.ロットを乱す=待ちの方に迷惑をかけない。
だけはしないように意識しているので。


目の前に「ドンッ」と…… 黒い丼は僕の前に

kuro

 

内心軽~く「あちゃ 」と思いましたが、食べるしかない。

豚を2切れくらいヤサイをおかずに食べて、空いた空間から麺を引きずり出してズルズルズル。
ほんの少しスープを吸っていて旨い。

生たまごを溶いてすき焼き風にズルズルズル。
これ以上麺がスープを吸ったらキツいと思い、まだおぼつかない手つきでエコ箸に苦戦しながら、レンゲと二刀流で天地返し。

それからは一心不乱でズルズルモグモグ。

ネットで見ると生たまごは最後にレンゲでスープを何杯か入れて飲むようですが、僕はスープを薄める意味で丼に入れちゃいます。

やはりここの豚は判の大きさといい厚さといい柔らかさといい、僕のツボにガッチリとハマっています。
ひばりが丘の豚のような、噛むと溶けていくものよりは肉質はシッカリしていますが、十分に柔らかく味が染みてて完全に僕の好みです。

気づくと丼はスープのみに。
さすがにオッサンなのでスープはレンゲで3口ほど啜って「ごちそうさまでした」


京王堀ノ内駅に向かう道すがら幸福感を味わいながらボ~っと考える。
行くたびに色々とメニューを試そうと思っていましたが、どうやら僕は生たまごは固定だなと。
あっ、あと大豚ラーメンも。

そしてすでに頭の中では「次はアレをためそうかな?」
と次回はいつにしようかと予定を考えているドハマリ状態なオッサンでした


ではでは






ポチッとお願いします
                                        
                                                        ラーメン ブログランキングへ
 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村

9月3日。
やっと時間が作れたので、ラーメン二郎ひばりが丘駅前店へ。

yjimageI96N62MQ

11時の到着時に行列は30人ほど。
まだまだ暑いのでデブには堪えます

ooo






















頼んだのは大豚ラーメン。

店主さんは噂通りの海老蔵似で見ていてとにかく動きに無駄がありません。
助手さんは中年女性の方でした。
ここの店ではコールしてもそれほど変わらないような情報を目にしたのでヤサイはノーコールでいこうと思っていた矢先……
とここで僕はやらかしちゃいます。
Messengerの着信があり「はい」と返事をするだけだからとスマホをカチャカチャ。
すると店主さんの声。
僕が顔を上げると目が合ったので、トッピングを聞かれていると思い、ニンニク……
すると店主さんに「あっまだで」と遮られて……

どうやら外待ちのお客さんに「どうぞ~」と言っていたようです。スマホに気を取られて頭の「外の方~」を聞き逃していたようです。

これってフライングってやつですよね


店主さんはアイコンタクトで「いいよいいよ」というゼスチャーでしたが、笑いをこらえててついでに助手さんも^^;
すると店主さんはこらえ切れずにヤサイのザルを持っていた助手さんの背中をパパンとwww

やってもうた~~~~~~


店主さんは振り向くともう真顔で、麺上げを。
続いてトングで手早くヤサイの盛り付け。
そして着丼。
hibamenn
























それにしてもここの店長さんは野菜の盛り方に美学を感じます。(言い過ぎ?)
なるべく丼からこぼれないようにと中心部分にうず高くという盛り方をしますね。

僕は野猿の攻撃的なものもヒバジの盛り方もどちらの個性も好きです。

この日の豚もトロけるような柔らかさで、シッカリと味の染みた美味しいものでした。


幸せな気分で「ごちそうさまでした」



と、やらかしちゃいましたが自分の中で確実に二郎の虜になっているのを自覚した日でした。




ではでは

  ポチッとお願いします
                                        
                                                        ラーメン ブログランキングへ
 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメン二郎・二郎インスパイア系へ
にほんブログ村

このページのトップヘ