10月8月

今日はこちら



















赤羽二郎に行きました(^O^)

熱望していた松子嬢とは、とうとう会えずじまいなのが心残りです

雨模様の10時16分に到着で、並びは4人でした。

待ち合わせの時間にはまだ早いので、列から離れたところで雨宿りをします。

その後、しばらくしてから列に接続します(^O^) 6目に接続します   

ほぼ定時にシャッターが上がります(^O^)




















食券を購入してから着席します(^O^)  豚ダブルは大小ともに売り切れでした。



















購入したのは大豚ラーメン

先にメモ帳を手にした助手さん(奥さん?)からトッピング伺いがあり「ヤサイニンニク」とコールします(^O^)

蝶野店主さんは黙々と作業をしながら、入り口辺りに鋭い視線を送ります(^_^;)

そして1番目のお客さんからラーメンが配膳されていきます

と、配膳は僕の手前で終了〜〜
ということは7杯ロット?

ファーストで配膳されたラーメンを横目で見ながら、蝶野店主さんのオペレーションを眺めます(^O^)

そしてとうとう待ちに待った



















着ド〜〜ン 




















横からもド〜〜ン

豚の極厚カットが目に飛び込みます(^O^)



















野菜に一味をかけてからいっただっきま〜す

野菜はほぼ中間の絶妙な茹で加減で、甘くホクホクしています

野菜を8割くらいたいらげてから



















豚を広げてからパシャリ
箸で持つだけでホロリと崩れる柔らかさです(^O^)
一切れ食べるとやはり柔らかく、赤みはホロホロで脂の部分はトロトロで、豚出汁じゅんわりジューシーで、カエシの入りは程よい感じです

それから麺を引っ張りあげて



















天地返し〜〜

赤羽店の特徴である色付きスープを吸って、赤味がかって色づいています(^O^)

やや色白な平打ちの縮れ麺との色のコントラストが印象的です

啜ってみると茹で加減は柔らかいのですが、プリッとした食感があり美味しいです(^O^)

それからは麺と豚と野菜を交互に食べて楽しみます



















終盤はブラックペッパーをかけたりしながら食べ進めます(^O^)

スープは透明脂は少なめで開店直後ですが、ある程度乳化されていて豚出汁シッカリの旨旨なもの
とにかく全てのバランスの良さを感じて、ピッカピカの厨房内でも伺えるように、店主さんの手間のかけ方が出ています(^O^)


そして完成度の高い一杯が箸の運びを促進させて



















大満足のうちにごちそうさまでした〜〜

初訪問の際もそうでしたが、やはり赤羽二郎は美味しいです(^O^)

外に出ると外待ちが20人はできていました  やはり人気の高いお店ですね



ではでは

更新のモチベになりますのでポチッとお願いします。


ラーメン ブログランキングへ


にほんブログ村

 更新のモチベになるので

ポチッとお願いします


ラーメン ブログランキングへ

 
にほんブログ村 グルメブログ ラーメンへ
にほんブログ村